スポンサーサイト

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Cutie and the boxer

JUGEMテーマ:アート・デザイン


 

Cutie and the boxer

 

ドキュメンタリーフィルム キューティー アンド ボクサーが大爆発している。
まさかの満塁ホームラン。

4年前長身のテキサス青年ザック君は我々をテーマに、遠慮しがちにカメラをまわし始めた。

そして吾輩の乾布摩擦から始まる3分の短編が2000人応募の中の3点に選ばれ奨学金を得ると、 “あいつはやると思った” と友人達が一斉にサポート。
3年後に500時間のフィルムを編集し完成。

サンダンス・フィルム祭りで、監督賞を受賞。

大手配給会社がフィルムを買い、宣伝の為試写会の連続。アメリカ中の主なフィルム祭りに招かれ、その度に我々3人も観客との質疑応答のため参加。

中でもミズリー州コロンビア市は1700人席の大映画館。終わると全員総立ちで口笛、スタンディンオベーションの凄まじさはヤンキースタジアムの松井のホームラン並み。立って拍手に加わらないやつは座って目頭を熱くしている始末。

ああ〜俺のアートでこれだけ熱狂させてやりたい。

フィルムの成功は19歳でギューチャンロフトに飛び込み・酒宴・妊娠・出産・子育てと、赤貧の中で波瀾万丈、ニューヨークアートとの闘いぶりを独特の一筆書き風単純明快タッチで22メートルの大キャンパスをチェルシー地区のアート画廊アッシュペーフランス一部屋全部に張り渡し2週間の現場制作し、キューティーとブリのストーリーを完成させた、篠原のり子の賜物。可愛娘ちゃんキューティーがブリ(有司男)を後ろ手に縛り倒すシーンなどを、ザックはアニメ仕立てにし、現実シーンからフーッと夢の世界に引き込む抜群の編集技術。

ハードコアのボクシングペインティングで始まったはずが、いつの間にかラブストリーに。美しいラストシーンは観客もほっとため息。

 


「反芻 篠原有司男」展

キューティとボクサー  

フィルム・フェスティバルがこんなに多くさんあるとはしらなかった。
サンダンスで監督賞受賞の後、ミズーリ州コロンビア市のTrue/Falseに招待。
小さな町だが、あげて映画祭騒ぎ!
1500席の観客は一時間半のキューティとボクサーを観終わると総立ちで拍手口笛、そこに乃り子とぼくがヤング・ディレクターと登場すれば興奮のるつぼで、質問答えに、いちいち、どっと笑い拍手。
踊ってくれないか?
で、ジルバをドタバタやれば、これも大受け。
通りを歩けばキューティと声がかかりサイン攻め。
この手の招待が今のところ目白押し。

ニューヨーカーの地元では、デ・ニーロが立ち上げた、トライベッカ・フィルム・フェスティバルを皮切りに、トロント、サン・フランシスコが決定。
秋の一般公開になったらきっと凄いぞ!
今日も地下鉄の中で、見たよキューティ、と声を掛けられ、シアターの横の雪の駐車場でのボクシング・ペインティングも凄かったなあ。
 
来月、四月、日本に行きます、個展のため。
タイトルは
「牛ちゃんの反芻」。
牛男にひっかけ、牛は食物を口中に戻し見直すので。

僕も最近は、古いスタイルを新作に仕立て直して、発表しているので牛に似ているのかも。
 

「反芻 篠原有司男」展
於:川口市立アートギャラリー・アトリア
会期:4月13日(土)〜5月26日
対談:篠原有司男×山下裕二 「芸術×反芸術」
 4月14日(日) 15:30〜17:30 http://www.atlia.jp/exhibition/exhibition.php
 

現代美術講座 
篠原有司男(ex.ネオダダ)× 菅章(大分市美術館館長)
於:The Bridge (大分市中央町3-3-19)
2013年4月7日(日)
19:00〜
現代美術講座 講師:篠原有司男
19:30〜
対談講座 篠原有司男 × 菅章 http://bridge.groundnoise.jp/
 

瀬戸内国際芸術祭関連事業
かがわやまなみ芸術祭 
特別企画篠原有司男講演会
於:高松市立美術館 講堂
4月9日(火)18:00〜20:00
http://www.monohouse.org/yamanami/news/index.html


篠原有司男 × 清水靖晃 トークセッション
於:Traumaris  (NADiff A/P/A/R/T 3F)
4月12日 20:00〜21:30
http://www.traumaris.jp/

篠原有司男 講演
於:大宮シティーロータリークラブ例会場
4月10日19:00〜
 



Cutie and the Boxer

JUGEMテーマ:アート・デザイン

Cutie and the Boxer
   
  今、「キューティーとボクサー」がサンダンス映画祭で大評判、遂にドキュメンタリー監督賞を受賞!
今年の秋からアメリカを中心に一斉公開、無論日本でも。
 
 キューティーとは画家篠原乃り子、髪形をオサゲにした可愛娘ちゃんで、ボクサーとは御存知ボクシング・ペインターのギューチャン。
この二人のハチャメチャな40年間のアーテイスト生活を、すばらしいラブストーリーにまとめたのが、デイレクターのザック・ヘインザーリング。
彼が我がロフトに舞い込んで来たのが5年前。テキサス生まれの長身24歳。
撮りはじめているうちに、ついついのめり込んで、今28歳。
   
 
  ギューチャンの影にかくれていたはずの乃り子は、自身をモデルにしたキューティー・シリーズの絵画で次第に個性を発揮。
映画の中は酒あり、男泣きあり、エディテイグの妙、考え抜いた全体の構成が新鮮な驚きを観客に与えるらしく拍手に乗って質問に答えるため登場すれば、拍手口笛の嵐。

5回の試写上映も切符は売り切れ。 ついでにギューチャンがボクシング・ペインティングの実演まで近所の画廊で披露しちまったんだから、冬山スキー場に囲まれた年一回の映画祭も今年はさぞかし熱かっただろう。





サンダンス映画祭ホームページ


「キューティー と ボクサー」の映像


なお、2月12日(火)23時よりNHK BS1 地球テレビ エル・ムンド に篠原が生出演。映画「キューティー と ボクサー」について語る。



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent trackback
recommend
recommend
篠原有司男対談集 早く、美しく、そしてリズミカルであれ
篠原有司男対談集 早く、美しく、そしてリズミカルであれ (JUGEMレビュー »)
ギュウチャンエクスプロージョン!プロジェクト実行委員会
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM