<< ポップアート復活 | main |

スポンサーサイト

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ギューチャンのセミ自伝

JUGEMテーマ:アート・デザイン


番町小学校一年松組。

佐藤祐三先生のグローブ大の平手打ちが、
机にしがみついている男女を問わず生徒を張り倒して行く。

恐怖の授業時間をくぐり抜け、
悪ガキ組は学校中を、
御近所長屋の裏口を、
大使館の中庭を暴れ回りながら、
戦前・戦中・戦後を経て、

今やニューヨーク。

ダウンタウンを二日酔い、
朦朧とした眼前に建つ朝日に映える二本の世界貿易センタービル、
アメリカンドリームの端切れをつないでいたはずが、
アッと云う間に消えてしまった。

ブルックリン橋からの眺めは、
その後新たに巨大な一本が聳える今日、
偶然背負い込んでしまった前衛画家のカンバンを背に、

ドコマデ続クヌカルミゾ

と軍歌の一節をバックに猛進中のギューチャンのセミ自伝。





 


スポンサーサイト

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 15:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent trackback
recommend
recommend
篠原有司男対談集 早く、美しく、そしてリズミカルであれ
篠原有司男対談集 早く、美しく、そしてリズミカルであれ (JUGEMレビュー »)
ギュウチャンエクスプロージョン!プロジェクト実行委員会
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM