<< SHINOHARA POPS!展 | main | 「反芻 篠原有司男」展 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Cutie and the Boxer

JUGEMテーマ:アート・デザイン

Cutie and the Boxer
   
  今、「キューティーとボクサー」がサンダンス映画祭で大評判、遂にドキュメンタリー監督賞を受賞!
今年の秋からアメリカを中心に一斉公開、無論日本でも。
 
 キューティーとは画家篠原乃り子、髪形をオサゲにした可愛娘ちゃんで、ボクサーとは御存知ボクシング・ペインターのギューチャン。
この二人のハチャメチャな40年間のアーテイスト生活を、すばらしいラブストーリーにまとめたのが、デイレクターのザック・ヘインザーリング。
彼が我がロフトに舞い込んで来たのが5年前。テキサス生まれの長身24歳。
撮りはじめているうちに、ついついのめり込んで、今28歳。
   
 
  ギューチャンの影にかくれていたはずの乃り子は、自身をモデルにしたキューティー・シリーズの絵画で次第に個性を発揮。
映画の中は酒あり、男泣きあり、エディテイグの妙、考え抜いた全体の構成が新鮮な驚きを観客に与えるらしく拍手に乗って質問に答えるため登場すれば、拍手口笛の嵐。

5回の試写上映も切符は売り切れ。 ついでにギューチャンがボクシング・ペインティングの実演まで近所の画廊で披露しちまったんだから、冬山スキー場に囲まれた年一回の映画祭も今年はさぞかし熱かっただろう。





サンダンス映画祭ホームページ


「キューティー と ボクサー」の映像


なお、2月12日(火)23時よりNHK BS1 地球テレビ エル・ムンド に篠原が生出演。映画「キューティー と ボクサー」について語る。



スポンサーサイト

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 11:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent trackback
recommend
recommend
篠原有司男対談集 早く、美しく、そしてリズミカルであれ
篠原有司男対談集 早く、美しく、そしてリズミカルであれ (JUGEMレビュー »)
ギュウチャンエクスプロージョン!プロジェクト実行委員会
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM