<< ギリシャ神話にはまりまくる | main | 我輩は猿である >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


やる気満々

10月の大作発表を控え、ネタ探しにアテネに向う。
クレタ島もついでに見学。
冬のギリシャ旅行は、半額、空いてていい。

ギリシャ神話だと神々、英雄たちのやることなすこと、痴漢、強姦、乱暴、動物殺し、陰謀術策、悪魔のダンゴみたいな連中だ。
古代ギリシャ人たちは、このダンゴのため大理石で神殿を建て、崇拝、女神、英雄像を彫りまくり神話ストーリーを描きまくった壺など膨大な遺物を残してくれた。



そこで、これらをテーマに描きまくろうと大キャンバスを用意、筆、ローラーに七色の蛍光色でフル回転。


だが、一枚の大きさが2.5×6m。
その重いこと、これを27枚繋ぎ合せ、美術館の三壁画を被い尽さうと云うわけ。
出来映えは、現場に組み上がった時こそ、快なりを叫ぼう!









スポンサーサイト

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 10:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent trackback
recommend
recommend
篠原有司男対談集 早く、美しく、そしてリズミカルであれ
篠原有司男対談集 早く、美しく、そしてリズミカルであれ (JUGEMレビュー »)
ギュウチャンエクスプロージョン!プロジェクト実行委員会
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM